通信教育

幼児のタブレット学習RISUきっず!すまいるぜみと比較!年少感想

幼児のタブレット学習と言えばRISUきっず!4歳年少の正直な感想

流行りのタブレット学習!

気になりつつもお試しのハードルが高く思えて、なかなか手が出ないのが実情かと思います。

テル
テル
紙の通信教育と違って、資料請求だけだとよくわからないよ~~

我が家もずっと気になっていたタブレット学習ですが、RISUきっずを4歳(年少)の次男が受講してみたので、感想をまとめてみました。

下のほうで「すまいるぜみ(幼児コース)」との比較もあります。

パクコ
パクコ
RISUきっず気になっているけど、どうなんだろうな~?と思うかたの参考になれば幸いです。

なお、RISUきっずは、現在クーポンコードの入力で一週間無料お試しキャンペーン実施中!

クーポンコードは「chi07a」をご入力ください。

キャンペーン
特別ページはこちら→

4歳(年少)がデビューしたRISUキッズ、子供の感想は?

4歳(年少)の次男は、長男(小1)がタブレット学習する様子を見ていたので、まずは自分専用のタブレットが来たことがとても嬉しそうでした。

テル
テル
これ、ぼくのなの??やったー!

幼児のタブレット学習と言えばRISUきっず!4歳の感想と使用感出典:RISUキッズのタブレット

それからというもの、

パクコ
パクコ
お勉強するよ~!
テル
テル
お勉強するならRISUきっずがいいな~

4歳息子、勉強するなら「RISUきっず」がいいと希望を出してくるように。

子どもにとってタブレット学習ってやっぱり惹きつけるものがあるんだろうと感じます。 RISUきっずの魅力に4歳はさっそくはまりました。

幼児のタブレット学習「RISUきっず」の魅力3選?

RISUきっずの魅力その1:場所を選ばないで勉強できるタブレット学習の気軽さ

「勉強するよ~」と声をかけても、まだまだ幼児。今日は乗り気じゃないなんてことはザラにあります。

パクコ
パクコ
机についてくれないと、親もイライラ感が増して、お勉強が始まる前から怒りモードになってしまうこともあるんですよね・・・。

そんなとき、タブレット学習の「RISUきっず」なら、床の上でもお勉強することができます!椅子に座ってくれない子供のところにタブレットを持っていけばいいだけ!

目の前で操作をはじめれば、子供も「じゃあやるか」となりやすいのです!

これで不要なイライラとおさらばできます。

幼児のタブレット学習RISUきっずの魅力おすすめポイント出典:RISUきっずのタブレット

もちろん、病院の待機時間やレストランの空き時間、タブレットを鞄に入れて持ち歩くこともできるので、まさに場所を選ばないタブレット学習「RISUきっず」

RISUきっずの魅力その2:スモールステップの繰り返し学習で確実に身につく算数能力

パクコ
パクコ
私、もともとRISU算数やRISUきっずって、「公文みたいだな~」思っていたんです。

で、実際試したら、本当にタブレット学習版公文だと感じました。

基本的にスモールステップなんですよね。「また、同じような問題でたぜ!」となるのですが、少しずつパワーアップしていくので、取りこぼしなく無理なく確実に力になりそうです。

幼児のタブレット学習と言えばRISUきっず!4歳の感想と使用感出典:RISUきっずのタブレット

RISUきっずの最初のほうは、公文と同じようにひたすら数を数える特訓を行います。

出典:RISUキッズのタブレット出典:RISUきっずのタブレット

公文は週2回教室に行く必要がありますが、タブレット学習のRISU算数やRISUきっずは自宅で学習のみなので、公文に興味あるけど通わせるの無理なご家庭にも良いと感じました。

RISUきっずの魅力その3:東大生からのメッセージ

4歳の次男は、ビデオレターが来ると

テル
テル
なんか来てるよ!!

と嬉しそうにクリックします。

幼児のタブレット学習と言えばRISUきっず!4歳の感想と使用感出典:RISUきっずのタブレット

東大生の方や先生が話している内容を理解しているかは謎ですが、メッセージらしきものが届くということ自体がうれしいみたいです。

→RISUきっずまずはお試し一週間を試す

幼児のタブレット学習!すまいるぜみとRISUきっずどっちがおすすめ?比較した結果

タブレット学習で有名なのはRISUきっずのほかには「すまいるぜみ(幼児コース)」があります。

我が家、すまいるぜみも一時期お試しでやっておりましたので、RISUきっずと特徴を比較しました。

タブレット学習RISUきっずとすまいるぜみを比較:内容編

RISUきっずは、公文の教材のように、真面目なタブレット学習です。

タブレットという、子供にとって楽しい機械を使いながらも、真剣に算数を勉強できます

タブレット学習RISUきっずとスマイルゼミを比較:内容編出典:RISUきっずのタブレット

パクコ
パクコ
出題される内容がとてもまじめ!ゲームっぽい感覚はなく、コツコツやる子に合っています。

一方すまいるぜみは、ゲーム感覚のタブレット学習です。

実際に普通のゲームも内蔵されていたり、アバターが楽しめたりと、エンタメ要素が多いので、楽しい勉強ができます。

スマイルゼミ:ゲーム感覚で学べる出典:すまいるぜみのタブレット

同じタブレット学習でも全然違くてびっくりしました。

比較してみると、「RISUきっず」と「すまいるぜみ」正直、一長一短です

パクコ
パクコ
子供がRISUきっずをやっていれば、確実に勉強しているとわかりますが、すまいるぜみの場合、ゲーム内蔵のため遊んでいるのか勉強しているのか、堺が難しいところがあるなあ~というのが、正直な私の感想です。

タブレット学習RISUきっずとすまいるぜみを比較:料金編

RISUきっず:月あたり2480円!タブレット代は一切かかりません。
※契約時に、年額一括12ヶ月分29,760円を支払います。

タブレットが破損した場合、
5980円+その後の再度保険加入で+1980円

すまいるぜみ:月あたり2980円!+タブレット代9980円。
※契約時に、年額一括12ヶ月分35,760円を支払います。

タブレットが破損した場合、
サポート保険3600円(年間)+6000円(タブレット交換代)

RISUきっずとすまいるぜみを比較した結果、幼児の間は特に、RISUきっずのほうが料金はお得になりました。

なお、ついでに公文との比較をすると、公文は算数一教科で

東京都・神奈川県7700円/月
それ以外の県7150円/月

パクコ
パクコ
RISUきっずと比較すると、3倍くらいの値段になります。公文って高い・・・。

ほかの幼児の通信教育はこちら↓

大手通信教育6社を比較!3歳・4歳・5歳・6歳にどれがおすすめ?
大手通信教育6社を比較!3歳・4歳・5歳・6歳にどれがおすすめ?幼児におすすめの通信教育6社を徹底的に比較しました。各々、メリット・デメリット、特色、かかる費用などをまとめています。3歳・4歳・5歳・6歳の子どもに新しく通信教育をさせたい家庭におすすめ。...

幼児のタブレット学習「RISUきっず」まとめ

RISUきっずの感想まとめです。

タブレット学習はハードルが高そうに思えますが、RISUきっずは何よりお値段が安いです。ほかの通信教育のタブレット学習と比較しても安い。

RISUきっずなら費用は月2480円のみですし、ゲームも内蔵されていないので、「またゲームばっかりして!」というようなことにもなりません。

幼児ならではの「うっかりタブレットを破損しちゃった」という場合にも、保障体制がしっかりしているので親も安心して子供にタブレットを渡せます。

パクコ
パクコ
でも実際やってみないことには、自分の子供に合うかどうかわかりませんよね!本物に勝るものなし。お試し一週間をやってみるのが断然おすすめです。

なお、RISUきっずは、現在クーポンコードの入力で一週間無料お試しキャンペーン実施中!

クーポンコードは「chi07a」をご入力ください。

キャンペーン
特別ページはこちら→

→RISUきっずまずはお試し一週間を試す