知育の種まき

DVD付図鑑3社比較【NEO・MOVE・LIVE】オススメ決定版

DVD付図鑑オススメはどれ?

DVD付図鑑3社比較【NEO・MOVE・LIVE】オススメ決定版

DVD付き図鑑で王道な3社を徹底比較しました!

  1. 小学館の図鑑NEO
  2. 講談社の図鑑MOVE
  3. 学研の図鑑LIVE

結論から言いますと、

一番のオススメは「小学館の図鑑NEO」です。

その理由を詳しく説明したいと思います。

DVD付き図鑑3社比較:小学館の図鑑NEOがオススメの理由は5つある!


最近は、図鑑にDVDが付いてくるのが主流になっています。

 

その中で、小学館の図鑑NEOのDVDは

「ドラえもん」とのコラボDVDなのです!

【小学館の図鑑NEO】1つ目の理由:子どもが大好きドラえもん

DVDの随所にドラえもんとのび太くんがでてきます。

図鑑って少し堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、ドラえもんがでてくることにより、子どもにとっては「楽しいもの=娯楽DVD」に変身するのです!

我が家は車移動の際に、毎日図鑑DVDを流していますが、

リクエストは圧倒的に「ドラえもん」

モモスケ
モモスケ
ドラえもんの恐竜がいい!あ、やっぱりドラえもんの危険生物にしようかな~

子どもの食いつきがすごいです。

知育の神さまドラえもん。

小学館の図鑑NEOのドラえもん

 

(上の絵は息子が描きました)

【小学館の図鑑NEO】2つ目の理由:DVDの中にクイズ問題が入っている!

DVDの中では、大体ドラえもんがクイズを出して、のび太くんが答える形式なのですが、

のび太くんがよく間違えるので、子どもは得意げに答えます。

モモスケ
モモスケ
違うよ~、答えは●●だよー!



【小学館の図鑑NEO】3つ目の理由:図鑑の中の情報量が多い

図鑑が3歳から小学生高学年まで対応で、大きくなってからも十分に読み応えのある内容になっていること。

実は、moveの図鑑は写真がメインで文章量もとい、情報量が少なめなんです。→あとで詳しく説明します。

なので、子どもの「知りたい!」にこたえてくれる図鑑、それが小学館の図鑑NEO!

【小学館の図鑑NEO】4つ目の理由:圧倒的支持率!図鑑売り上げ1位!!

一番売れている図鑑小学館の図鑑NEO

 

ズバリ小学館の図鑑NEOが一番売れている図鑑だから

実際、小学館の図鑑NEOは、Amazon、楽天、YAHOOなどのの

売り上げランキングなどみて比較しても上位を独占しています。

図鑑のなかでは圧倒的売上1位!累計発行部数はなんと900万部!支持率ナンバーワンのオススメ図鑑なのです。

【小学館の図鑑NEO】5つ目の理由:中古市場の価値。いざとなったら高値で売れる!

 

パクコ
パクコ
図鑑買ってみたものの、子どもが興味を示さなかった~。そんなときも安心。

なぜなら、図鑑DVDは中古市場でも大人気!

新品の図鑑の価格が2200円。

DVDは1200円~1400円くらいの価格で取引されています。図鑑付きなら1600円程度。(2019年調査)

そう、実は図鑑本体よりも図鑑DVDのほうが高く売れる傾向があるんです!

理由は簡単、需要があるからです。

小学館の図鑑NEOがおすすめの理由

私自身よくメルカリなどで図鑑DVDだけを購入する側でした。

 

パクコ
パクコ

すでにMOVEの「昆虫」の図鑑をもっている。

でも、NEOの「昆虫」の図鑑DVDも欲しい。図鑑自体はかさばるからいらない。図鑑DVDだけ少し安値でほしい。

こんなことがよくあるんです。(我が家がそうです!)

ちなみに小学館のNEOのDVDは

MOVEやLIVEの図鑑DVDと比較して、

200~400円くらい値段が高い傾向にありました。もし売ることを考えても、小学館図鑑NEOは良いんですね。

小学館の図鑑NEOのマイナスポイントは?

実はあるんです。

NEOは図鑑によっては「イラストが多用」されています。できれば、生き物は本物の写真が見たいですよね。イラストも細かい部分まで綿密に再現されてはいますが、そこはやはり少し残念。

また、掲載写真は小さめで文章量もとい、情報量が多いので、本を開いたときの迫力には欠けます。

ただ、欠点を補うほどの良いところがあるのでやはり、総合で考えると1位!

やはりオススメの図鑑であることには変わりありません。

↓小学館のオフィシャルyoutube動画での紹介。

【まとめ】迷ったら、小学館の図鑑NEOを買っとけば間違いない。


↓続いて、MOVEについて、詳しく解説します。

DVD付き図鑑3社比較:躍動感が違う!講談社の図鑑MOVEのオススメポイント


【講談社の図鑑MOVE】NHKが全面協力するハイクオリティ映像

NHKの人気番組「ダーウィンがきた!」は生き物のドキュメンタリーで有名な人気番組。

MOVEの図鑑DVDは、その映像の良いところだけをギュッと濃縮したような素晴らしいDVDなのです。子どもは「ドラえもんのDVDが良い!」と言いますが、親目線でみると「MOVEのDVDクオリティ高いわ~」となります。

パクコ
パクコ
MOVE大好き!MOVEのファン!はっきりいって、図鑑DVDだけで2200円の価値がある!

【講談社の図鑑MOVE】MOVE図鑑の写真は迫力が違う

「MOVE」=動く

まさに、このタイトルの通り、図鑑の写真は迫力があるものばかりで躍動感がすごいです。

写真一枚一枚のサイズも大きめでまるで写真集のような図鑑なんです。ページを開いて、眺めてみるだけでも楽しい図鑑。それがMOVE!

でも、実はそこがデメリットでもあります。

写真の掲載がバーン!と大きい分、文字の情報量が少ないのです。幼児うちにはMOVEで十分ですが、小学校の高学年になった際に、MOVEでは物足りなくなる可能性があります。

【講談社の図鑑MOVE】「欲しい」に答えてくれる細かい特集が豊富!

MOVEの良いところは、NEOにはない細かい特集の図鑑が発売されているところです。

例えば、世界遺産の図鑑!DVDで世界遺産が楽しくみれるなんて最高です!こんなの絶対欲しい!ありがとうMOVE!


講談社の図鑑MOVE「世界遺産」

そして、「深海の生きもの」大王イカ~、めんだこー、リュウグウノツカイーー!!子どもの大好きな深海生物もこれ一冊で学べます。


そして最近発売された「MOVE科学のふしぎ」

知育の種まきになりすぎる、ええ、もちろん即購入しましたよ。


これ以外にも、

「大自然のふしぎ」「星と星座」「まるみえ図鑑」など、NEOがDVD付でだしていない図鑑がMOVEならあるのです。かゆいところに手が届く!

それがMOVE!

DVD付き図鑑3社比較:学研の図鑑LIVEは、質の良い図鑑

 


学研の図鑑LIVE、図鑑自体の出来はとても良いです。

写真と情報量のバランスも良く、興味をひくポイントなどがよく考えられた図鑑。

NEOのよりも写真が大きく、面白い写真がチョイスされている。MOVEよりも、情報量が多い。良いとこどりしている図鑑。しかもほかの図鑑にはない「図鑑+AR動画」にも取り組んでいます。

ページにスマホをかざすと動画や3Dがみれたりする機能があるのです。

↓オフィシャルの紹介youtube動画です。

もう本当に図鑑だけでいうならいいとこだらけ!

パクコ
パクコ
だがしかし、付属のDVDが子ども向けになっていないのがイマイチすぎる!

海外のBBCで放映された特集をそのままDVDにしただけなので、内容が大人向けの海外のドキュメンタリー番組を見ている状態。

正直いって子ども受けは悪いです。

実際、我が家は学研の図鑑LIVEの「危険生物」のDVDは2回みただけで、見なくなりました。ええ、つまらないですからね!

モモスケ
モモスケ
これいや!ドラえもんのDVDに替えて~

でももし、どの図鑑にもDVDが付属されていなかったら、我が家は学研の図鑑を選んでいたかもしれません。

それくらい図鑑の中身は良質。写真と文章量など、とてもバランスの良い図鑑なのです。

「図鑑DVDにはまったく興味がありません。」というご家庭は、学研の図鑑LIVEを選択するのもよいでしょう。

ただ、最近は一部オリジナル編集した映像も入れているみたいですね。

BBCに頼らずにオリジナル映像だけのDVDがついてくるなら、私も買いたいです。今後に期待しています。

DVD付き図鑑3社比較:まとめ。図鑑を比較検討した結果

買った図鑑一覧

・好みが違うので、どれが正解というものでもない。

・メリットデメリットがあるので、何を優先するかを決める。

・子どもとの相性

パクコ家は比較検討の結果、NEOとMOVEを各々買い集めるMIX型になりました。もし、一から買いなおすことができたとしたら、

基本ベースは小学館の図鑑NEO、

NEOにないものはMOVEという買い方をすると思います。

 

インスタツイッターアメブロでも知育情報更新してます♪
↑良ければフォローいただけるとうれしいです。